Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/grannews/johosenryaku.work/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ブログアフィリエイトはどんな方法で始めたらよいか?ASP,クリック型とは?

アドセンス

ブログアフィリエイトの手法

初めてアフィリエイトをするときに、どのような手法でしたらよいか悩むと思います。

アフィリエイトって何を使ってやるの?

 

手段はいくつかあるよ。

ブログ、SNSとか。

 

まずどういった手法があるのかピックアップしてみましょう。

・ブログを作って、商品等を紹介する。

・ツイッターをはじめとしてSNSを使ってアフィリエイトする。

・メルマガでアフィリエイトする。

 

このへんが主流ではないでしょうか?

このいずれかを主戦略として選択したとしても、ブログ、SNS、メルマガのいずれも使いながら

複合的にアフィリエイトしていくというのが相乗効果を生んでいくので、将来の姿かと思います。

さてここではブログアフィリエイトについて改めて解説していきます。

ブログアフィリエイト

ブログでアフィリエイトをする場合、キャッシュポイントを何にするかを決める必要があります。

パターンとしては主に次の二つです。

・アドセンス等のクリック報酬

・ASPの案件紹介

それぞれ解説していきます。

アドセンスはグーグルが運用するクリック型広告を使ってのアフィリエイトです。

クリック型広告はグーグル以外にも忍者ADMAXやI-mobile等もありますがアドセンスが一番

単価が高く稼ぎやすいです。

しかしながらアドセンスは審査も厳しくルール、条件が合致しないと審査に合格せず

設置することが不可ということになります。

クリック型のメリット

こういったクリック型広告で稼ぐ方法は、簡単に始めやすく、一度設置してしまえば、あとが自動的に記事の内容に合わせて最適な広告を表示してくれたりするので後から手間をかける必要がほぼありません。

クリック型のデメリット

クリック型の広告の場合、広告をクリックさえされれば報酬が発生するもののクリック単価は

微々たるもので、大量にクリックされなければまとまった金額にはなりません。

なのでクリック型で月に数万円稼ぎたいのであれば莫大なアクセスを集められるブログでないと不可能です。

☆アドセンス報酬で稼ぎたいのならこの方法もおすすめです。

すまりっち 2021年でも使えるか? アドセンスは可能か

 

次にASP案件のアフィリエイトの場合です。

ASPは商品やサービスのアフィリエイト広告の運用を代行している業者です。

 

企業 ⇒ ASP⇒ アフィリエイター

このように企業の広告をアフィリエイターがアフィリエイトできるように媒介している役割です。

アフィリエイターが商品を紹介して販売されれば、何パーセントかの報酬がアフィリエイターにはいるしくみです。

ASPで大手で有名なのには、A8netがあります。

A8netには数多くのアフィリエイト案件があり、初心者はまずここは必ず登録しましょう。

A8net以外にも数多くのASPがありますが、こういったASP案件のアフィリエイトは報酬が

高めで、1件の成約で数千円の報酬が得られるものが多いので大きく稼ぐことが狙えます。

ASP案件のアフィリエイトのデメリットは、

1件の成約までのハードルが高く、商品紹介⇒販売成約までには簡単でなくそれなりのテクニック、手法が必要になってきます。

また楽天、Amazonは独自にアフィリエイトシステムをもっていて、モール内の商品をすべてアフィリエイトできるようになっています。

楽天もAmazonも商品が成約したら報酬が入るのですが、報酬単価は1%~数パーセントと低いのが特徴です。

しかし楽天もAmazonも一度自分の広告リンクをクリックされれば、クッキーが保持されその人が24時間以内にモール内の商品を購入した時に、自分に報酬が発生する仕組みになっています。

これがバカにできないメリットで、とにかくクリックされるように仕組んでおけば、思わぬほど報酬が発生することもあります。

というわけでこれからアフィリエイトを始めるような初心者の方に私がおススメしたいのは

楽天、Amazonのアフィリエイトです。

初心者におすすめのアフィリエイト ⇒ 楽天、Amazonのアフィリエイト

これについては別のページで解説しますね。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました